水落考心君!難関宅建試験合格で最年少記録更新!

Life

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

難関宅建試験の最年少記録を更新した水落考心君!
幼少期の愛読書や勉強方法、勉強の工夫などについてまとめました。

【始まり】

・学年: 大阪の小学4年生(10歳4ヵ月)

 ※合格者の平均年齢:35.6歳

・合格難易度: 17.2%(考心君の点数は50点満点中40点の高得点)

新たな記録更新

・初挑戦で合格

・最年少合格者記録を更新

※ちなみに、それまでの最年少記録は愛知県安城市に住む小学6年生杉浦健斗君が持っていました。

杉浦君は、12歳4ヶ月の時に平成26年の宅建試験に合格しています。

勉強への背景

・司法書士の父親と共に机を並べて勉強した。

・幼少期から法律に興味があったそうです

勉強方法

・幼少期から「こども六法」を愛読していたそうです

・勉強のスタートは小学3年の夏休みから

勉強の工夫

・毎日30~40分の自主勉強のルーティンを確立し、

・抵当権や相続権などなじみの薄いテーマは子供向けに身近な話題の置き換えて説明(父親)

試験対策

・過去問を10回以上繰り返し解く(1年間でボール20本を使い切った)

・夏休みは6時間くらい勉強した。

・試験本番での成功の鍵は集中力維持ができたからと本人は言う

趣味との調和

・阪神タイガースのファン

・試験本番は大山悠輔選手のユニホームで臨む

・合格のごほうびは甲子園球場の年間チケット

次なる目標

ファイナンシャル・プランナー(FP)3級の資格取得を目指して勉強を続けている

将来の夢は司法書士だそうです。

結び

いかがだったでしょうか。
まだ、10歳なのに新しい知識の習得を楽しむ姿勢が素晴らしいです。
これからも孝心君がどのように成長していくのか期待が膨らみますね。

タイトルとURLをコピーしました